お見舞いの花

毎日が味気ない療養生活。
ですが、お花を飾るだけで室内の雰囲気がとても明るくなります。また、お花には気持ちを和らげ元気を与える効果もあります。
お見舞いに贈るギフトとして、お花は定番のアイテムです。

まず、贈るお花選びの重要なポイントとして、身の回りのことも思うに任せない療養中であることを考え、できるだけ長く楽しめて手間のかからないアイテムを選ぶことです。

また、一般的な病室は、最低限なスペースしか確保されていない場合がほとんど。ちょっとしたスペースにも飾って頂ける、かさばらないサイズのアイテム選びもポイントのひとつです。

お見舞いのお花に”赤”は禁物。元気の出るビタミンカラー”黄・オレンジ”を選ぶ事が一般的です。

*アイテム選びに迷った時は、遠慮なくお問い合わせ下さい。おすすめのアイテムをアドバイスします。

おすすめのスタイル

  • マジックブーケ

    邪魔にならないサイズ感やメンテナンスフリーである点など、多くのセールスポイントを持つアイテムです

  • ロースタイルアレンジ

    ナチュラルな中に、クォリティの高さを感じさせるアイテム。高さを抑えて仕上げているので、圧迫感がありま せん

  • ボックスアレンジ

    持ち運びに便利で、飾る場所にも困らないコンパクトなサイズ感です

おすすめの商品

表示数:
並び順:

カテゴリ一覧