レーベルさんのブログ

フラワーレーベル店主のブロクです。
くだらないけどごかんべんを。

未分類

春よ来い

投稿日:

最近少し昼間の寒さが和らいだかなと思ってましたが

花屋の水道からは相変わらず氷水しかでず・・・

春が恋しい のーつか がお送りします。

 

大学周辺が賑わっているなと思ったら入試の下見で訪れた受験生たちでした。

前期入試が近いのです。

と同時に、卒業式など別れの行事も迫っているということで、

ありがたいことに大口の注文が少しずつ増えております。

送別会や追い出しコンパなどで花束がたくさん必要な場合は早めのご注文を。

 

本日は卒業式など春のイベントで大活躍のお花を紹介。

 

 

スイートピー です。

 

透明感あるふわふわの花が特徴! 春らしく軽やかに優しい雰囲気です。

名前に ’ピー’ と付くだけあって、マメの仲間になります。 

スイートピーといえば

「心の岸辺に咲いた 赤いスイートピー」

とメロディが浮かんだ貴女は私の両親と同世代かもしれません。

 

実はこの歌詞、おかしなところあるのです。

タイトルにもなってる ’赤いスイートピー’、この歌がリリースされた当時には存在しなかったのです。

赤に近い、ピンクなどのスイートピーはありましたが、真っ赤なものはありませんでした。

この有名な歌によって認知度があがったスイートピー。

そこで苗屋さんは赤色の花をつけるもの作ろうと試行錯誤し、生まれたのはごく最近。

お花屋さんに行くと今日では様々な色のスイートピーが見られますが、

その多くは白い花を咲かせるものに色水を吸わせています。

ですから、花瓶に生けていると水のほうに色が溶け出したり、茎を切ったときに色水が出てきたり・・・実はちょっとめんどうだったり。

お花も可愛いものになるよう、種屋さんや苗屋さん、花農家さんがいろいろと意匠を凝らしているんですね。

 

ちなみに、花の歌といえば他に、’シクラメンのかほり’ と言うものがありますが、

こちらも同じように、香りのするシクラメンは当時ありませんでした。

歌がヒットしたことでなんとか作れないかと試みられたのですが、こちらはうまく行かなかったようです。

しかし今は遺伝子組み換えで青いバラが作られる時代です。

今までになかった新しいタイプのお花が、さらに増えていくかもしれませんね。

 

-未分類

投稿者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お花を贈る際の選び方

今回のブログ担当はニッシーです。   花屋で働きはじめる以前の自分もですが 贈り物にお花を渡したいけど、と思っても カラーで悩んだり、花束にするのかアレンジメントにするのか 悩まれることが、 …

サブリミナル効果

ワタクシ共のお店 岡山駅前商店街つー、アーケード街ん中にあります。 岡山駅出てまんまえ。   その岡山駅前商店街   今月は、岡山地元のアイドルとコラボした企画をやっているのです。 …

定休日の変更です

昨日 注文伝票を確認してたところ 定休日に配達指定の伝票が3枚もありました。   おい、ニッシー 定休日に注文取るんじゃねーよ。どーすんのコレ? と、ニッシーに問い詰めたところ   …

母の日終了

花屋の三大イベントのひとつ”母の日”   終了シマシタ。 ミナサマ、わざわざ弊店でご注文頂き本当にありがとうございました!   までも、アレですね。 最近お客様の購入方法はまったく …

プロポーズのシーズン

ここんとこ プロポーズ用のお花のオーダー、続けざまに頂きました 例の”赤いバラ108本”つー物件です   かなり高額になりますので、そんなにぼんぼこ注文が入るものでは …

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031